愛國輪業

ハッキリ書かれちゃったので,こっちもハッキリと書いておこう。

プルトニウム/ストロンチウム/セシウム
それぞれの飛散状況に関して,
チェルノブイリを一つの基準とするならば,
福島のソレは小さすぎて,まるで前例が役に立たないレベル。

福島が軽い事故だった,というわけでもなく,
ぶっちゃけ,チェルノブイリの時の拡散量がすごかったの。
知らない人は知らないんだけどさ・・・
福島の事故は水蒸気爆発なんだけど,
チェルノブイリのソレは火災なのさ。
10日間燃えつづけたんだよね。
そこいらがチェルノブイリの事故を深刻にしたんだよね。

同じなのはメルトダウンしたって事だけ。
事故の内容は随分と違う。

水質汚染の話も,太平洋に垂れ流しのおかげで,
最悪のケースにはならなさそうだしね。
(まあ,薄めちゃえ,というか川など濃縮しやすい経路がないぶん
日本国土が汚染されずに済んだよね,という身勝手な発想ですが事実です)

あとですね,既にさんざっぱら核実験なんかしたおかげで,
すでに半減期がアレな物質は世界中にはいろいろばらまらかれてるわけで,
これぐらいでは有意差にならないというか,すでに影響は(あるならば)あるわけで,
ことさらこの事故で騒ぐ必要もないよね,という事情もあるかもしんない。

補足ですけども,

今回の事故がさほどたいした物ではなかった,という訳ではないです。
報告書も「安全宣言」でない点も注意しなければなりません。
影響があることを証明できないだろうね,というだけのことで,
ないことを証明したわけではないことは留意しておく必要があります。
影響が薄すぎてどちらも証明できないレベルだった,ということです。

まあ,大変な事故には変わりはないし,
事故は収束したわけでもないし,そもそも生きている間に収束するかも微妙だし,
未だに体に影響が出る線量の地域は確実にあるわけです。
人が住めなくなった地域はあるのは紛れもない事実です。

原発事故による拡散は落ち着いたという見解は,事故を矮小化するモノではなく,
むしろ次のフェーズに目を向けさせるためには必要なもののような気もするんですよね。
事態が落ち着いた地域と落ち着いてない地域を明確にするためにも。
じゃないと次の一手は打てませんよね。

桜が日本を北上する時間はだいたい毎時2~3キロメートルなんだそうな。つまりは幼子が普通に歩く速度ってことになる。日本の桜の訪れが小さい幼子の神さんによるものだとしたら、ずいぶん素敵な話だよね。
Twitter / @kamonemo (via anepan)
55: セルカークレックス(東京都):2012/09/05(水) 09:00:36.01 ID:ZVCFEDbF0
客側にもマナーはある
よいサービスを受けたければよい客になれ



581:
バリニーズ(千葉県):2012/09/06(木) 16:04:32.16 ID:BhdnaDa70
»55
何気に名言だな。

実際に小売店でバイトしてるが、良い客と言われる客は、
店員との信頼関係ができて、相乗効果で何度でもやってくる。
当然、店員内でもそれは共有され、他の店員も良いサービスや商品を提供できる。
店員のモチベーションも上がる。

悪い客は、良い客以上に何度来ようが、店員との信頼関係は皆無。
当然、店員内ではブラックリストとして共有されるので、最低限のサービスはするが、
それ以上はサービスしない。むしろ、できない。

良い客と悪い客の差は何かといえば、礼節の有無である。
反捕鯨団体「シー・シェパード」のドキュメンタリー番組を撮影したオーストラリア人の映像ジャーナリストが、和歌山県太地町の捕鯨とその歴史に魅せられ、文化を世界に伝えようと活動している。母国や欧米で反捕鯨の世論が高まるなか、「江戸時代から連綿と続く太地の捕鯨の歴史を伝えれば、世界の認識は変わるはず」と訴えている。
r-dino:

1397349822542.jpg
NO NUKESにクラフトワークを呼んで「ホーシャノー。イマスグヤメロー。」とマヌケに歌わせた罪は軽くない。テクノゴッド・クラフトワーク神聖さが汚されたといっていい。あれを翻訳したのが坂本と聞いて、ああやっぱり言語センスに欠けるひとだったんだ…と、往年のファンは落胆した。
qtaroqhoji:

海底軍艦(1963) / Atragon(1963)

qtaroqhoji:

海底軍艦(1963) / Atragon(1963)

attrip:

アメリカで回転草が大量発生して生活に影響がでている。 | @attrip (アットトリップ)